CROの求人掲載!薬剤師求人サイトランキング

CROの営業求人情報を探すなら!

→人気サイトランキングはコチラ!

治験や臨床試験を行うCROでは、たくさんの薬剤師が治験や臨床試験に直接的にかかわる仕事を行っています。臨床試験においてデータを収集したり、副作用に関する情報収集をして安全性情報のレポートを作成したり、全体の臨床試験を管理監督する仕事も、薬剤師の資格を持った人が行っています。こうした仕事は、細かいデータを取り扱う研究職であることが多いのですが、薬剤師の資格を生かしたキャリアアップの仕事の中には、研究職ではなく、営業職の仕事もでてきます。

CROにおける営業の求人は、提携している製薬会社や医療機関などを回り、臨床試験を自社のCROで行ってもらうための営業活動を行うのが仕事です。薬剤師の資格を生かしたキャリアアップをしたい人で、対人スキルが優れている人にもおすすめですし、治験施設ですでに仕事をしていて、仕事の幅を広げるために営業の仕事をしてみたいという人も少なくありません。

製薬会社の新薬開発には膨大なコストがかかります。その多くは人件費となるわけですが、臨床試験におけるコスト削減のために機能しているCROは、それぞれの施設ごとにコストやオリジナルティが異なります。他社と比較しながら自社CROの特徴やメリットを説明しながら臨床試験受託に結び付けることが、営業の仕事の職務となります。しかし、それだけではありません。取引先では深く入り込んだ知識が求められる会話も行うため、こうした施設に関する一般的な知識が必要になることはもちろん、臨床開発や治験におけるプロセスなども必要になります。そのため、調剤業務しか経験のない薬剤師が、キャリアアップのために働きたいからとトライするには、ハードルが高い仕事と言えるでしょう。臨床試験において経験を積んだ後にトライする人が多いといえるのです。

こうした求人は、薬剤師のキャリアアップの仕事なので、非公開求人となることがほとんどです。ハローワークなどでは紹介してもらうことはかなりまれになってきます。非公開求人も豊富に取り扱っている転職エージェントサイトを利用しながら、なかなか募集がかからない仕事の求人が出るのを根気よく待つことになります。人気が高く応募者が殺到することが想定されるため、募集がかかってから締め切りまでの期間もかなり短いケースも少なくありません。見つけたらすぐに応募できるように、転職エージェントに相談しながら履歴書や職務経歴書はきちんと準備しておいた方がいいでしょう。

CROの営業職求人情報を探すならばこの2つ!使い勝手抜群!!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

© 2012 CROの求人ランキング