CROの求人掲載!薬剤師求人サイトランキング

CROとSMOの違いはなに!?

→人気サイトランキングはコチラ!

CROとSMOは、どちらも治験・臨床試験に関する業務を受託する機関ですが、最も大きな違いがあります。それは「委託者」です。CROは治験依頼者、すなわち治験・臨床試験を行う製薬企業などが、その業務の一部を委託する業者であるのに対し、SMOは治験実施施設、すなわち治験・臨床試験を行う病院などが、その業務の一部を委託する業者なのです。

ですから、治験に関する業務を受託する機関という意味では同じですが、その業務は全く異なります。CROは治験依頼者、SMOは治験実施施設の人員・職員として、委託者の代わりに業務を行うのです。業務が違うわけですから、そこで求められる知識・経験・スキルなども大きく異なります。CROは治験依頼者、つまり治験の開発モニターとしての能力が求められることが多いです。そのため、薬剤師などの資格というよりも、治験・臨床開発を行う製薬企業としての経験が求められます。

逆にSMOでは、病院勤務経験などのような医療に従事した経験が求められます。そのため、薬剤師はもちろん、看護師などの資格を持っている人間が求められます。こうしたバックグラウンドから考えると、CROの求人とSMOの求人も異なることが分かる筈です。CROは資格を重視しない(後からでも習得できる)のに対し、SMOは専門の資格などを最初から持っている人が求められることになります。ですから、CROはどんな背景の人(経験を持っていない)人でもまんべんなく全般的に受け入れる傾向にありますが、SMOはその専門性・特殊性から、間口が狭くなるわけです。

では、どちらがやりがいがあるか?という点ですが、いずれにせよ治験・臨床試験という業務に従事し、医療の発展に貢献するという意味では、両者に差はありません。しかし、治験依頼者・製薬企業側として貢献するか、治験実施施設・病院という立場で患者さんに近い立場から貢献するかというのは、好みが分かれると思います。

原則として、製薬企業、つまり治験依頼者は患者さんと接することができません。ですが薬に近い立場にありますので、開発をしたい!と考えている人はCROを選び、患者さんに近い方がいい!という人はSMOを選ぶ傾向にあるようです。CROもSMOも立場としては受託者、サポートという形ではありますが、医療に貢献するという意味では、主役も脇役もありません。主体的にその業務を遂行することが求められるのは、言うまでもないことです。

CROへの転職ならばこの2つで求人を探そう!人気エージェント!!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

© 2012 CROの求人ランキング