CROの求人掲載!薬剤師求人サイトランキング

外資系企業のCRO求人情報を探すなら!

→人気サイトランキングはコチラ!

もし、あなたが薬剤師などの資格を生かしてCROに転職したいと考えるのであれば、できるだけ待遇の良い所に転職したいですよね。もし、あなたが給与・待遇面を重視するのであれば、外資系企業も選択肢に入れることをお勧めします。

外資系CROとは、海外に資本を持ちながら、日本に支社や支店を作り、日本でも治験受託業務を行っているCROのことを指します。ではなぜ、そうした外資系CROの待遇が良いのでしょうか?それが、彼らにとっての海外(つまり日本)に支社を出すことができるということは、それだけ巨大な企業だということです。海外におけるCROの認知度は、日本のそれを遥かに凌駕すると言われているほどメジャーな存在です。

つまり、新薬の開発において、日本以上に確立されたポジションを持っていると言っても良いでしょう。そうした海外のCROとほぼ変わらない待遇を受けることができると考えれば、日本との差は歴然ではないでしょうか。

もちろん、その人のキャリアや能力・経験、資格などを持って年収などは決められますが、そもそものベースが違いますから、一般的なCROの年収を引き上げているのは、こうした外資系CROだと考えてもよさそうです。

では、外資系CROに求人に応募する際、気を付けるポイントはなんでしょうか?それは英語です。外資系の企業とは言え、受託する治験業務は日本だから日本語のみ・・・と考えるのは早計です。外国本社との連携を行う、あなたの上司になる人が英語を使っていたら、あなたも英語を使うことを求められる筈です。もちろん、国内における共通語である日本語が業務としては優先されますが、世界中で共同の治験を行う場合などは、英語をメインとする場合があります。外資系CROはこうした治験を受託する可能性が高いため、英語を求められるケースも少なくないのです。ですから、英語にアレルギーがあったり、苦手だと考えている人は、求められるスキル・能力などをしっかりと確認しておくべきでしょう。

また、海外では高い年収を得る人ほどハードワークになる傾向があります。同じ仕事で高年収を・・・と考えている人は、外資系CROを選ぶべきではありません。そうした条件や待遇、年収、仕事内容などは、例えば無料の転職エージェントなどで手軽に入手することができます。入社してから「こんなはずじゃなかった」と思う前に、こうした無料のサービスで、しっかりと情報収集をしておくことをお勧めします。

外資系CROの求人情報を探すならばこの2つで探そう!!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

© 2012 CROの求人ランキング