CROの求人掲載!薬剤師求人サイトランキング

CROの離職率はどれくらい!?

→人気サイトランキングはコチラ!

転職ということを考えると、転職先の離職率を気にする人が増えているといいます。できればその職場で長く働きたい、働くならば定着率の良い職場を選びたい、ということを考える意味では、離職率は重要な指針となりつつあるのかもしれません。

CROの離職率、言い換えると定着率というのは、他の業種と比べて高いのでしょうか?低いのでしょうか?

答えから言えば離職率は一般的に低い業種だと言われています。それは、ひとつのCROにいるだけで、様々なクライアントの所へ派遣されたり、様々なクライアントの業務を受託したりしますから、1社にいるだけで複数の会社で働いているような体験をすることができるからではないかと言われています。ですから、よっぽど条件がひどかったり、良い待遇が用意されているのではない限り、別のCROに移っても仕事は変わらないということになります。

こうした背景から、先の結論が出るわけですが、全てのCROがそうであるとは限りません。広い業界を見渡してみると、とても定着率の高いCROもありますし、離職率の高いCROもあります。待遇や福利厚生に関して、近年ではあまり差が出るようなことはありませんが、どんなクライアントの仕事を受けてくるかで離職率に差が出るという考え方もあります。

どんなクライアントの仕事を受けても業務自体は同じですが、そのクライアントしにそのものの良し悪しや、手掛けるテーマ(領域)、処遇などが違えば、現場で働いている人のイメージは大きく違ってきます。結果として、CROを選ぶことはできますが、CROが契約するクライアント(CROが得た仕事)は選ぶことはできませんので、それが離職につながるケースもありうるのです。

また、最近では女性を大切に、有効活用できるCROに注目が集まっています。女性が働きやすいということは、女性はもちろん、ほとんどの場合男性も働きやすいでしょう。そのため、CROの多くは女性の働きやすさをアピールしています。そうなると、どんなCROを選んだらいいか分かりませんよね。

薬剤師の資格を生かしつつ、働きやすいCROを選びたいというのであれば、今、注目を集めている無料の転職エージェントを利用することがお勧めです。素人目には同じように見えるCROであっても、転職エージェントではその差を分析し、情報を公開しています。ですから、適切な転職エージェントに登録して情報を集めれば、きっとあなたの条件に合致するCROを探し出すことができる筈です。

CROへの転職ならこのサイト!サポートが抜群に良いです!!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

© 2012 CROの求人ランキング