CROの求人掲載!薬剤師求人サイトランキング

CROで働く人の年収相場はどれくらい!?

→人気サイトランキングはコチラ!

CROに就職すると、一般的にどの程度の年収が得られるのでしょうか。ある調査においては、20代で400万円後半、30代で500万円後半、40代で650万円前後というデータが出ています。

他の業種と比較すると、50〜100万円程度高い傾向にありますが、その理由はクライアントが製薬企業ということにあるかもしれません。CROのクライアントである製薬企業は、新薬開発のために業務をアウトソースするわけですが、その費用は何百億円にもなります。

もし、アウトソースされれば、その一部がCROに支払われるわけですから、CROの利益は想像できるのではないでしょうか。さらに、製薬会社は新薬の許認可を得なければ利益にならないのに対し、CROは業務を受託さえすれば報酬を得ることができます。これがCROが近年までで成長してきた秘密とも言えます。

しかし、個人のレベルで見た時、どんなCROに入社してもこの年収になるというわけでもありませんので、注意が必要です。もし、年収について不安がある場合、無料の転職エージェントなどを利用するのもお勧めの方法です。彼らは、あなたの市場価値を的確に見定め、さらにあなたが今以上に力を発揮することができるCROを提案してくれることでしょう。それはもちろん、年収のアップも意味します。 無料だから大したことないのでは?と考える人も多いのですが、彼らは企業から報酬を得て優秀な戦力を探そうとしています。ですから、適切な転職エージェントを探すことができれば、無料であっても信頼できる情報を探し出してくれることでしょう。

また、他業種よりも平均年収が高いことには、もうひとつ理由があります。それは業務時間の長さです。言うなれば仕事の拘束時間が長く、激務であるという可能性が高いわけです。治験と言うのは、治験依頼者である製薬企業も、治験実施施設である病院も、非常に労力のかかる仕事です。それは、製薬企業から業務の一部を委託するCROも同じこと。同等かそれ以上の労働力として期待されているわけですから、仕事が大変になることは、ある程度覚悟すべきでしょう。

とは言え、業界的に残業時間の未払いなどと言った不祥事も少なく、給与については正当に支払われる傾向が高い業界ですので、働いたらそのぶん給料が上がるという意味では、やりがいのある業種ではないでしょうか。CROは、新薬開発という社会への貢献を果たしつつ、それに見合った年収を得ることができる、数少ない業種ではないかと思われます。

好条件のCRO求人を探すならこのサイトがオススメ!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

© 2012 CROの求人ランキング